葉酸サプリ使用上の注意;賞味期限

葉酸はビタミンB群の一種で、その名についている通り、植物の葉に多く含まれます。葉酸は細胞分裂やDNAの合成、新陳代謝を促進する効果があるため、特に胎児の成長や赤血球の製造では必要不可欠な酵素です。
以上の効果があるために、妊婦さんの間でも疲労の軽減や妊娠初期の胎児のためということで葉酸サプリという形で多く摂取されております。
特に葉酸サプリは妊娠初期で発生することのある先天性奇形の症状を予防するということで注目されております。このことも葉酸サプリの需要が高まっている一因です。
さて葉酸サプリですが、サプリメントである以上、賞味期限も存在します。この賞味期限は過ぎると葉酸の含有量や栄養素が参加などによって減少するために、葉酸の働きが低下することになるため注意が必要です。
一般的に葉酸サプリの賞味期限はメーカーや製品によってさまざまですが、未開封の状態であれば6ヶ月や1年、開封した場合であればさらに短い期間になっております。
逆に言い方をすれば、葉酸は不足すると妊娠初期の先天性奇形のリスクの高まりや疲労のしやすさといった症状が出るようになるため、葉酸を効率よく摂取し妊娠期間を安定して過ごすためにも葉酸サプリの賞味期限には注意が必要であると言えます。

タイトル名:葉酸サプリメントねっと:妊婦・妊娠したいママにおすすめ妊活

参考サイトになります。

 

Leave a Comment

Filed under 未分類

葉酸サプリとダクチルについて

ダクチルは、妊娠初期の切迫流産や早産を予防する為に産婦人科で処方されます。子宮の収縮をやわらげることによって、胎児がのびのびと成長し続ける手助けをします。経過としては、おなかの張りや痛みなどを軽減します。精神的にも過敏状態にある妊婦にとって、ダクチルは神経そのものをやわらげる作用がありますので、精神的な安定感を与えることになります。
ただダクチルは、遺伝子異常による初期流産までは防ぐことができません。そこで、先天性異常のリスクを可能な限り低減するために、葉酸サプリを併用する方法がとられています。
葉酸はビタミンB群のひとつですが、不足すると造血機能が思うように働かずに、貧血症状をおこします。胎児に栄養を補給するにあたって、母体の血液はどんどん作り続けていかなければ不足気味になります。血液によって運搬された栄養が、十分にいきわたることで、胎児も正常な成育と機能を備えることができます。
妊娠を考えている場合などは、妊娠前から葉酸サプリを摂取することで、更に遺伝子異常のリスクを回避しやすくなります。今では、母子手帳にも葉酸サプリの摂取についての記載が追記され、妊婦に注意を呼びかけています。ダクチルと葉酸サプリによって、安心できる妊娠初期を過ごすことができます。

Leave a Comment

Filed under 未分類

妊娠中期以降の葉酸サプリの摂取は危険?

葉酸とは、ビタミンの一種です。
その働きとは、粘膜と皮膚の強化や免疫力の向上、また赤血球の製造を行う効果から貧血予防など、妊娠中の女性は必須でとるべきともいえる栄養素です。
また、妊娠する1ヵ月前から妊娠12週までの間に、葉酸を1日400μg摂取すると、神経管閉鎖障害児の出生リスクを70%軽減することができるといわれています。
しかし熱に弱いため、加熱調理で破壊されてしまうことから、普段の食事で葉酸を摂取することは難しいのです。
そこで、葉酸サプリを飲むことをおすすめします。
葉酸サプリならば、手軽に一日に必要な分量だけ摂取することができます。
葉酸の摂取時期として、妊娠中期以降の摂取はよくないと言われていると聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
その根拠は、妊娠中期以降に葉酸サプリをとると、喘息の赤ちゃんが生まれるというデータが存在することからでしょう。
しかしながら、この場合は化学合成されたサプリを、規定量以上に大量摂取していた場合なのです。
1日400μgの規定を守って葉酸を摂取していれば、問題ありません。
むしろ胎児への成長を促進させるために必要であるため、いままで飲んでいたサプリを飲むことをやめるのはおすすめしません。
正しく一日の上限値を守って葉酸を摂取するようにし、赤ちゃんを健やかに成長させましょう。

Leave a Comment

Filed under 未分類